ASPなどからのデータはxmlで受け取る場合が多い。

そんな時は

  $url = “http://*********.***”;
  $xml = simplexml_load_file($url);

忘れないようにメモしておこう。

ちなみにPHP5以上でOK。

それ以外の場合はPEARで対応。

データの取り出しは

foreach ($xml->results->result as $item) {
  echo $item->title . “<br>\n”;
  echo $item->title->sub . “<br />\n”;
}

こんな感じ。

ついつい忘れてしまう。

よくやるのが

file_get_contents ($url)

との混同。そしてさらに良くやってしまうのが、確認の作業。

var_dump のつもりでついつい echo。何も表示されなくて、「あれ、xml取れてないじゃん」と勘違い。

何年やっててもついついやってしまう。

だめですねぇ。