ノートパソコン用にELECOMのミニキーボードを使っている。

TK-FBP013という型番。

Bluetoothでどこでも使える。3mくらい離れていても問題ない。複数のパソコンやパッドも瞬時に切り替え。

便利。

えらく小さいので、最初は不安だったが、特に問題なくブラインドタッチできる。むしろ指の移動範囲が狭いからか疲れない。

マウスもBluetooth。

ちょっと前までは、電源が1か月くらいで電池交換だったように思うのですが、最近のは3か月から半年は持つみたいです。

ノートに外部モニターを挿していると、ノートはもはやただの板になっている。もちろんダブルモニターとして使う時もある。

営業などで、プロジェクターとかを使っている時も大変便利。キーボードとマウスを手渡すだけで、実際の画面をお客様に操作してもらえます。もちろん、運ぶのも小さいので楽です。

こうなると、デスクトップの存在意義が・・・・。

パッドやスマホのせいで、開発ユーザーのようなヘビーユーザーでない限りパソコンの所有意義まで薄れているのに、ノートパソコンまでこのような使われ方ができてしまうと、デスクトップはつらいだろうな。

おかげでデスクトップは信じられないような価格で売られている。助かりますが、このままだと絶滅の危機にないかと心配になります。